ビズリーチは他社エージェントとどのように違うか

転職活動を行う際には、専門会社のサービスを利用するケースがとても多いです。いわゆるエージェントのお世話になる方々が目立ちます。
それでビズリーチは、転職のサポートをしてくれるサービスではあります。しかしエージェントと、少し特性が異なります。

 

1.一般的なエージェントにおける大まかな流れ

 

一般的なエージェントの場合は、まずは会員登録をする事からスタートします。たいていはWEB媒体で所定のフォームに情報を入力し、連絡を取ることになります。

 

すると連絡した会社から、たいていは電話が来るのです。それでオフィスなどに訪問をして、お仕事紹介や面談対策などのサポートを受ける事になります。

 

それで紹介された企業にて面接を受けた上で、双方に問題がなければ内定になる流れです。

 

2.自社スタッフでなくヘッドハンターがサポートする

 

それでオフィス訪問時にサポートをしてくれるのは、エージェントの担当者になります。他社の方々が、サポートを行う訳ではありません。ところが上述のビズリーチというサービスは、そこが全く異なるのです。

 

ビズリーチの場合は、自社スタッフが対応する訳ではありません。ビズリーチと提携したヘッドハンターという方々が、様々なサポートを行う事になります。つまり他社スタッフが、対応してくれる訳ですね。

 

3.企業に対して直接応募できる

 

またビズリーチでは、自分から企業に対して応募する事も可能です。他の転職サポート会社と同じく、ビズリーチにもお仕事を検索する為のフォームがあります。

 

そこから応募した時には、企業に対して直接応募する事になるのです。

 

ところが他社のエージェントですと、直接応募ではありません。たいていはアドバイザーと呼ばれる方々を経由して、面接などを受ける事になります。

 

つまり他社では、必ず自社スタッフの方々が関わってくる訳ですね。しかしビズリーチでは自社スタッフでなく、原則は自力で応募する訳です。

参考:ビズリーチの特徴から評判まで徹底解説します! – 転職×plus

4.3者のマッチングを行うビズリーチ

 

つまりビズリーチは、以下3者の出会いを提供するマッチングのサービスになるのです。

 

・求職者
・掲載企業
・ヘッドハンター

 

他社では上記3点目は掲載企業でなく、エージェント担当者になるでしょう。この点が、エージェントとは大きく異なる訳ですね。

 

ヘッドハンターが特徴的

 

ビズリーチと転職エージェントは、たまに誤解される事もあります。ですがビズリーチはヘッドハンターという方々が対応する以上、他社とはやや異なるサービスと考えて良いでしょう。

 

エージェントというより、むしろヘッドハンターの方々との出会いを提供してくれるサービスとも言えます。

 

ビズリーチによる採用管理システムの主な魅力とは

 

会社にとっては、人事選考が大切なのは間違いありません。優秀な人材を確保するのは、経営などにも大きく関わってくるでしょう。

 

しかし一部の会社では、人事採用が非効率的で悩んでしまっている事もあります。その場合は、ビズリーチによる採用管理システムを活用してみると良いでしょう。

 

1.採用管理システムの主たる機能

 

採用管理システムでは、もちろんパソコンを用いて人事採用に関わる様々な事務管理などを行う事ができます。それでビズリーチによるシステムの場合、主に次のような機能が実装されているのです。

 

・進捗状況を管理しやすい
・情報送信などの履歴を確認できる
・個人情報の管理
・迅速なやり取りができるシステム

 

2.進捗と送信情報の管理に関わるメリット

 

まず上記1点目の進捗状況などは、採用活動を行う担当者の方々にとっては、とても嬉しいです。そもそも企業が採用活動を行う時には、進捗状況が分からなくなってしまう事もあります。

 

応募者が殺到すると、誰がどのような状況なのかも把握が難しいでしょう。しかしビズリーチのシステムならば、それも視覚的に分かりやすく把握できる訳です。

 

それと上記2点目の情報送信なども、見過ごせない機能と言えます。誰にどのような情報を送信したかが、分からなくなる事もあり得るでしょう。しかしビズリーチは、それを防ぐシステムなども完備されています。

 

3.個人情報とコミュニケーションに関する魅力

 

また企業が採用活動を行えば、当然様々な個人情報は管理する事になります。しかも、かなり膨大なボリュームの情報を取り扱うことになるでしょう。

 

しかしビズリーチの管理システムを用いれば、管理しやすくなります。またビズリーチのシステムには、応募者の方々とのやり取りに関するメリットもあるのです。

 

迅速なコミュニケーションを求める企業にとっては、便利なシステムですね。

 

4.導入事例を読んでみる

 

この他にも、ビズリーチの採用管理システムには様々な機能が実装されています。その種類数は、とても多いですね。ただ機能が多すぎると、却って混乱してしまう可能性もあるでしょう。

 

この管理システムで何を行う事ができるかを知りたい時には、公式サイトの導入事例を確認するのが良いと思われます。様々な企業の具体例が紹介されていますので、内容も把握しやすいからです。

 

採用の効率化が魅力的

 

何せ会社に対する応募者が多くなってしまうと、色々な混乱も生じがちです。しかし採用活動はスピードなども求められますし、重要度は高いですね。

 

それを効率化させたいと望むならば、ビズリーチによる管理システムを用いてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です